×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



戻り 
Page 1-1

日光蕎麦祭り 2006年11月2日〜11月5日 3日間
会場へは11月3日に行ってきた。

朝の出だしが遅かったせいで会場周辺の駐車場はどこも満杯で、会場から3キロも離れた臨時駐車場に止めることになった。ここから回送バスが出ているのだ。5分ほどで会場に行ける。





駐車場の状況から混み入っているだろうと想像しながら行ってみたが、いるいる人が一杯で、どこに行っても行列が出来ていた。





蕎麦愛好会などの店が所狭しと出店している。見せ場は店前で蕎麦打ちの実技披露である。流石に皆上手で一番前でジックリと堪能させてもらった。





昼食タイムとなり、どこの店で食べるか・・・ここが問題だ。食べたい店だらけで迷ってしまう。
迷いながらも今回は「山都蕎麦」をまず頂く。次に我家から近い埼玉の「文桜流・彩次郎蕎麦」を食べてみる。それぞれ文句なく旨い。十割蕎麦の食感がなんとも素晴らしい。





最後に食べたのが東京の「鵜の会」の蕎麦を食べた。流石に3ザル食べると満腹になった。
鵜の会の蕎麦は9月に「群馬県老神温泉蕎麦祭り」の時に食したので安心して食べることに。
栃木県の地元では機械による「蕎麦粉ね」実演も行われていた。 その後、あちこち見学をして午後3時に帰ろうとすると、送迎用のシャトルバス乗り場には長蛇の列が出来ている。色々な方面に出ているので間違いのないように確認しながら行列の中へ・・・
約30分待ちで乗ることが出来た。恐るべし「日光蕎麦祭り」

戻り